プラズマシャワー

トップページ > プラズマシャワー

プラズマシャワー

肌のハリ・美白・ニキビ・肌質改善

プラズマとは、固体・液体・気体に続く第4の物質で、イオン化された気体の事を指します。医療分野では、創傷や手術用機器の滅菌として以前から使われてきました。プラズマシャワーは、このプラズマを応用して行う治療法です。

イオン導入やエレクトロポレーションでは、薬剤の粒子の大きさによっては導入できないものもありましたが、プラズマシャワーは、皮膚細胞を結合している細胞接着分子を切断する事により、導入する薬剤を肌の奥まで浸透させるドラッグデリバリーシステムにより、吸収力を格段にアップさせることができます。
プラズマシャワー単体でもお肌を滅菌する効果がありますが、悩みに合わせて導入する薬剤を変えることで、それぞれ異なる効果が期待出来ます。
また、痛みを感じる事は殆どなく、ガーゼやテープを貼るようなダウンタイムもありません。注入による治療方法に抵抗がある方や、痛みに不安がある方にも安心して受けて頂ける、安全性の高い治療法です。


POINT.1プラズマの皮膚への効果

プラズマは皮膚の表面から表皮レベルまで作用し、別々の効果をもたらします。
電気エネルギーが外側から内側に流れると、その流れとともに強さが変化し、皮膚の異なる部分に別々の効果をもたらします。

フランスのクリニックで29歳~80歳の患者40名に、15日ごとに5回施術した結果、次のような実証データが得られています。

POINT.2プラズマシャワーの効果

プラズマシャワーには、リフトアップや小じわの改善、滅菌作用によるニキビの改善、美白効果など、多くの美肌効果が得られますが、最も特徴的なのは、薬剤の浸透率を飛躍的に高める事が出来るという点です。写真のように、プラズマシャワーをあてた部分と、そうでない部分では、薬剤を吸収するスピードがはっきりと異なります。照射後、肌表面に薬剤を塗布して比較してみると、照射した部分は、わずか30秒ほどで、薬剤が肌に吸収されます。

POINT.3当院お勧めの導入薬剤

ビタミンC(APP+EローションGOプレミアム)

 有効成分
両親媒性ビタミンC誘導体、水溶性ビタミンE誘導体、アスコルビン酸など。
 効果
メラニンの抑制・・・シミ、くすみを防ぎます。
抗酸化作用・・・肌をサビにくくします。
細胞活性・・・肌の老化を遅らせる作用があります。
皮脂コントロール・・・ベタつきを抑えます。
コラーゲン生成・・・肌のハリを保ちます。
※すべてのメニューにイオン導入が付きます。

トラネキサム酸(トランサミン10%)

 有効成分
トラネキサム酸。
 効果
美白作用・・・メラニンの活性を阻害し、シミ、肝斑を改善します。
炎症抑制・・・赤み、ニキビ跡、炎症後色素沈着を改善します。
※すべてのメニューに含まれています。

ボトックス(ボツラックス)

 有効成分
ボツリヌス菌。
 効果
表面繊維の働きを弱める・・・毛穴のたるみ、広がりを縮小させます。
皮脂コントロール・・・汗や皮脂を抑制します。

ヒアルロン酸(RPCR)

 有効成分
非架橋ヒアルロン酸、アミノ酸、グルタチオン、ペプチド、ビタミン、コエンザイムなど。
 効果
肌細胞修復・・・肌密度を高めキメを整えます。
保湿効果・・・肌の保水力を高め、ハリ艶をもたらします。

成長因子(サイトプロ)

 有効成分
ヒト骨髄幹細胞由来サイトカイン。
 効果
肌細胞修復・・・小じわ、ニキビ跡を滑らかにします。
肌細胞再生・・・コラーゲンを産生し、ハリ、弾力がよみがえります。
炎症抑制・・・ニキビや傷の炎症を鎮静化させます。
皮膚繊維の増殖・・・キメを整え、艶のある肌を取り戻します。

治療手順


メイクを落とします。

肌を診察し、治療方針や施術について説明を行います。

施術時間は約30分で終了します。ほんのり温かさを感じるだけで痛みはほぼ無く、
赤みが出る場合がありますがすぐに消失します。
レーザー治療とは異なり、ガーゼやテープなどを貼りません。


プラズマシャワーを照射する事により細胞間に隙間が空くため、処置して40分は
化粧や入浴はできません。肌トラブルの原因となりますので、化粧水や日焼止めの
使用もしないでください。
肌の状態に合わせて、1~3週間に1回の治療をお勧めします。


治療費



注意事項

次のような方は施術前に医師にご相談ください。妊娠中の方、日光過敏性を高める薬の内服、1ヶ月以内に強い日焼けをされた方、アートメイク上の施術希望、ケロイド体質、皮膚に強い切り傷のある場合、皮膚の悪性疾患が疑われる場合、皮膚内に注入物のある方、てんかん発作の既往など。

このページの先頭へ

〒857-0872 長崎県佐世保市上京町5-9 メルクールBld 4F

ご予約はお電話で承ります
メールでお問合せ・資料請求

診療時間:10:00 ~ 18:30  休診日:毎週火曜・隔週日曜日・祝日